横浜日記

ムギワラトンボ


このトンボ、ムギワラトンボっていうそうです。

ムギワラトンボって、昆虫に詳しくないので聞いたことがなかったのですが、実はシオカラトンボの雌のことをいうそう。シオカラトンボなら聞いたことがあるっていう方、いらっしゃるかもしれません。

シオカラトンボはつまり雄ですね、これは成熟すると青色になるそう。「トンボのめがねは水色めがね…」という童謡のモデルになったと言われています。そんな豆知識を得ると、少し親しみを覚える気がします。

トンボは昆虫の中でもそのフォルムが個人的にはカッコいいと思っているのですが、みなさんはいかがですか?

限りなく抵抗を少なくした結果あんなに細く進化してきたのであろう体や、まっすぐ伸びた薄い羽根。余計なものをそぎ落とし進化した結果が逆に必要最小限すぎてあんなフォルムとなったのではないかと想像するのですが…。

さらにはトンボって飛行機のモデルではないかと素人考えかもしれませんが思ってしまうのは私だけでしょうか。すごく似ている気がします。

それからトンボの驚きの生態のひとつとして、肉食だということが挙げられます。チョウなんかと仲間のような気がしてしまいますが、蜜を吸ったりするような穏やかな生き物ではなく、実はハンターなんです。

飛んでいる、生きている生き物、例えばカやハエ、大きいトンボだとチョウやガやハチを捕まえて食べるそうですよ。中でもオニヤンマのような大きな体を持つトンボは、なんとビックリ!!スズメバチを食べることもあるそうです。恐ろしや…。

関連記事

  1. 菊名の石像
  2. 菊名おでかけバス
  3. 東横線90周年
  4. 藤の花
  5. 大口商店街のバス旅行案内
  6. ゆず
  7. シロツメクサ
  8. サナギだ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ランキング

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 今月のパンメニュー
  2. 居場所をなくした こども・若者たち
  3. 今月のパンメニュー
PAGE TOP