横浜日記

なんだこのぐるぐるぐにゃぐにゃした木は!

これは鶴見区にある白幡公園の中に生えていた木です。

これ、すごくないですか???

ぐーるぐるでぐーにゃぐにゃの枝。まるでツタのようです。

千手観音の手のようにも見えるし、蜘蛛の足のようにも見えませんか?

なんの木なのか、よくわからなかったので、誰かご存知の方、教えてください。

木の幹がねじれる「イブキ」という木があるようですが、イブキは写真を見てみると「幹」のねじれだけ。この写真は幹はすーっとまっすぐですよねぇ。たぶん違うんだろうなぁ。

しかし逆に不思議ですよね、幹はまっすぐなのに枝がこれだけぐにょぐにょしてるなんて…。どういうタイミングで曲がったりねじったりしてしまうのか、植物って面白い。

なんだか人間の迷いや煩悩を表しているようにも見えます。

なかなかうまくいかないことも多くてあっち行ったりこっち行ったり。また同じことを繰り返してみたり、さっきいった道をぐるぐるまたたどってみたり。

でも言えるのは、この木も大きくなっている、成長しているんですよね。迷いながら日々成長です。

場所

横浜市鶴見区東寺尾2−12(白幡公園内)

関連記事

  1. 優しさが世の中を良くする
  2. 霰(あられ)??
  3. 大口の高台から臨む横浜
  4. ハルジオン、通称貧乏草!?
  5. 綱島のお地蔵さま
  6. つくし
  7. 大型マンションのクリスマスツリー
  8. トランクルームってこんなに需要が!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ランキング

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 今月のパンメニュー
  2. 居場所をなくした こども・若者たち
  3. 今月のパンメニュー
PAGE TOP