横浜日記

キンカン

少しずつ暖かくなり、至る所でキンカンが生っているのを見かける季節になりました。

果物屋さんや八百屋さんでも売られているのをみかけますよね。小さくてちょっと長丸っこくて色が鮮やか。

キンカンは漢字で書くと「金柑」。金色の柑橘類ってことですよね。命名した人、センス抜群、わかりやすいし的確な名前です。

キンカンはミカン科キンカン属。柑橘類の皮にビタミンCが多く含まれているのはよく知られています。ただ、みかんや八朔なんかは皮ごと食べるのは難しい…でもキンカンは、皮ごと食べるのが一般的。皮ごと食べられる柑橘類って他に思い浮かびませんよね。

皮ごと、丸ごと食べられるキンカンからは、そのおかげでビタミンCがたっくさんとれるんです。風邪予防にはもってこいです。

また、キンカンはのど飴なんかにもよく使われていますよね。キンカンに含まれるビタミンCやクエン酸がのどの痛みを抑えてくれるそうです。昔の人はそんな理屈はきっとわかっていないのに、「なんかキンカン食べたら喉のイガイガが治ったぞ」なんてどうやって?誰が?気がついて広まっていったのか、本当に不思議です。

 

<2018年2月2日>

関連記事

  1. 不思議な色の夕焼け空
  2. これも時代ですかね。
  3. めだかの池
  4. 桜の芽吹き
  5. ツワブキ
  6. トランクルームってこんなに需要が!!
  7. 鬼、現る!!
  8. とっても優しい椅子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ランキング

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 今月のパンメニュー
  2. 挫折はいつか物語に変わる 不登校引きこもり、何度でもやり直せる社会を目指して
  3. 今月のパンメニュー
PAGE TOP