横浜日記

優しさが世の中を良くする

「優しさ」って何でしょうか?

哲学的な質問の様になってしまいますが、自分がよく使う、ネットの辞書「weblio辞書」の定義では、

①穏やかでこのましい。おとなしくて好感がもてる。

②思いやりがあって親切だ。心が温かい。

③上品で美しい。優美だ。

https://www.weblio.jp/content/%E5%84%AA%E3%81%97%E3%81%84

と書いてあります。

「分かってるよ!!」って言いたくもなりますね。

ただ、人の優しさに触れる事って一日にどれだけあるでしょうか。昨日、あなたは何度人の優しさに救われましたか?と聞かれて、ほとんど答えられない人も多いのでは?

お客さんの玄関先でいただいたお茶とお菓子

あまり深く考えると哲学的な話になってしまうので、もっとさらっとした話にしたいと思っております。

僕達はパンを宅を回り、地域の方達とお話をしたりしています。

最近本当に寒い!!冬だから当たり前なのですが。その中で、人って優しいな~って感じる時があります。

平たく言ってしまうと、パンの宅配はお仕事なので、お客さんが、僕達に冷たくしようが、何しようが宅配はしないといけません。商品とお金を換える作業がそこで発生してしまうので、お客さんから言えば、ドライな関係でも良いわけです。ですが、その中で沢山のお客さんが「寒いのにありがとう。」「いつも来てくれて嬉しいわ~。」「お話が出来る友達が出来たわ~。」「寒いよね~。何か飲んでく~。」とか色々気遣ってくれる方が沢山いらっしゃいます。

そういう言葉が、僕達を成長させてくれているような気がします。こういう方達をがっかりさせたくない。こういう方達の様な人になりたい。そういう気持ちに「今日は寒いな~」と思っていても、心がとても温まります。本当にありがとうございます。

まとめ

皆ご存知だと思います。世の中には優しい方達も多いですが、経済中心の今の世の中では、利益中心だったり、関係ない人には冷たかったりする方も多いのも事実。現に自分が訪問でパンは販売しに訪ねて行った時に、玄関で水をかけられた事もあります。まぁ、詐欺も多かったりするので、人を信じにくい世の中なので、仕方ない気もしますが・・・。どうしても、人を信じる前に、先に疑う事が多い世の中。

「人を信じられなくしてしまう社会」って一体何なんでしょうね。実際、僕達に何かを売りつける為や、僕達を利用する為にパンを買う人も結構いました。寂しいもんです。

きっと人の優しさに触れる事が多い人は、きっと人に優しく出来るんでしょう。

今は、色々なニュースから、親御さんは子供達の安全にもピリピリしています。知らない人とのコミュニケ―ションを限ったり、安全の為に携帯が普及したりと、新しい人と知り合う楽しさや、会話をする機会、親子の会話も随分減ったんだ思います。

どうしても、会話する相手が学校や、会社、所属しているコミュニティだけだと、そのコミュニティの先入観が植え付けられてしまう事も多々あると思います。本当はもっともっと皆が人懐っこくなり、色んな人が分け隔たり無く、仲良く、気遣える仲になると、人としての幅も広がり、人としての本当の意味で楽しい生活を送れる気がします。

人は経験した事、体験した事しか本質はわかりません。どんなにネットが普及して、知識だけ入れても、その事実は変わらないと思っています。

自分も優しい人達から優しさを学び、これから色々な人に会う中で優しさを配り、優しい人達を増やしていけるよう頑張ります!!と、地域の方達に思わされた最近です(^^)

<2018年2月8日>

関連記事

  1. トレニア
  2. 鶴見区馬場の「雛のつるし飾りまつり」
  3. 「金のなる木」の小さな花
  4. マーガレット
  5. 菜の花
  6. 「新聞かばん」から感じる問題
  7. これも時代ですかね。
  8. アサガオの種のおすそわけ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ランキング

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 今月のパンメニュー
  2. 居場所をなくした こども・若者たち
  3. 今月のパンメニュー
PAGE TOP