横浜日記

詐欺って意外と身近

「まさか自分に来るわけない」と思っている方も多いのでは?

自分もまさにその一人。

これは自分のスマホのスクリーンショットをそのまま載せました。

下記の連絡が来たらあなたは、どう思いますか?

上の写真の上部に書かれているのは、なんと、あの有名な「RAKUTEN」そして、文章の中には「楽天カスタマーセンター」とも記してあります。

実はこれ、「楽天詐欺」なんです。

これを見て、すぐ詐欺ってわかる方って、少ないんじゃないかな~って思います。

下記のURLは、「楽天詐欺」と調べてみたら出てきたものです。とっても横行している事がわかります。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11177418331

http://blog.goo.ne.jp/41rtjsd/e/e8911461b3db7f49ad50f05c9e35c2cd

これを詐欺だと分からなかった自分は、この番号にかけてしまいました。

自分は、楽天で買い物やアカウントを持っていないので、「身に覚えが無いんだけど~」と思い、上記の番号に連絡したら、フルネームと誕生日を聞かれたので、不覚にも正直に答えてしまい、相手は「確認します」と言って、いきなりブチっと切りました。

この対応も何かおかしい。またメッセージで「未納」という言葉だけがある。こういう時は、明細みたいなものがあっても良いのにな~とも思った。「本日中にご連絡が無い場合、法的手続きに移行します」という連絡がショートメッセージに届くということ、冷静に考えれば、変な話。

ただ、自分も最近、楽天を使おうかな~と思っていたところで、「あれ、寝ぼけて何かやったかな?」と思ってしまったため、「ドキッ」として、上記の番号にかけてしまったわけです。楽天のユーザーは多いので、きっとユーザーさんは「あれ?そんな事あったかな?」と思わされてしまいそうです。

ブチっと切られて、待っている間にネットで調べてみたら、上記のサイトが出てきて、やっぱり詐欺とうい事が分かりました。そして20分後位に、相手からまたかかってきて、詐欺と分かっていましたが、電話を取って、「楽天に確認し、未納は無いと言われました。」と言ったら、「そうですか。」と言って切られ、もうかかってきません。

 

まとめ

自分は割と騙されやすいタイプなので、気を付けてようと思っているのですが、そう思えば思うほど、引っかかってしまうのかもしれません。また、人によって、騙されやすいポイントというのがあると思います。子供がやんちゃだった場合、オレオレ詐欺も信じやすいかもしれません。今回の件は、たまたま、楽天ユーザーでは無かったので、「ん?」って一瞬思えましたが、自分が楽天ユーザーだったら・・・分からなかったかもしれません。

とりあえず、「ん?」とか「身に覚えがない」と思ったら、警察に連絡してみるのが良いと思います。色んな前例も知っていると思います。そこまでじゃない場合、自分みたいにサイトで調べてみても、ヒントはあるかもしれません。

詐欺等で無くしたお金はほとんど戻って来ないと聞いた事があります。こういう事から、寂しいですが人を「疑う」という事も必要な時代になってしまいました。

皆さんもくれぐれも気を付けてください。

<2018年1月26日>

関連記事

  1. こんなところから桜の花が!!!
  2. ハルジオン、通称貧乏草!?
  3. これも時代ですかね。
  4. ゆず
  5. キンカン
  6. ちょっとした事で違いが出る
  7. 咲き始めた紫陽花
  8. 誰がやったんだ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ランキング

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 今月のパンメニュー
  2. 居場所をなくした こども・若者たち
  3. 今月のパンメニュー
PAGE TOP