横浜日記

みゆき商店街のマスコット

最近では、ご当地ゆるキャラや、ご当地アイドルが流行って、それぞれの地域で人気取りの競争が激化していますね。

個人的には、ふなっしー(非公認キャラクター)と群馬の「ぐんまちゃん」が好きです。

熊本の「くまもん」がゆるキャラランキングのエントリーから外れてからは、「ぐんまちゃん」が、一位を取りました!!「何で、横浜に住んでるのに、「ぐんまちゃん」が好きなの?」と、聞かれる事もしばしば。

理由は無く、可愛いからですね。

見てみてください。この愛らしいぐんまちゃん!!

 

しかしながら、横浜在住の自分にとっては、ぐんまちゃんが好きとはいえ、横浜のキャラクターも応援しております。横浜のゆるキャラと言えば・・・

そう!!かもねくん!!

誰?って感じですよね。

彼です↓

好きな食べ物は、ネギと肉まん!!

何て可愛いんでしょう!!

因みに他の横浜キャラクターはこちらから見れます。沢山いるので見てみください。面白いですよ。横浜市民ならどっかで見た事あるキャラも多いと思います。

http://iso-labo.com/labo/mascot/Kanagawa_Yokohama-shi_character.html

さて、そんな横浜リストにも載っていない、キャラクターが「みゆき商店街」にいるんです。「みゆき商店街」は鶴見区の馬場にある商店街です。

パン屋がいつもお世話になっている「親と子のつどいの広場Kitsch」があります。その商店街のマスコットキャラクターを激写しました!!名前は「みゆきだるま」、もう、見た目そのままです!!いかがでしょうか。

 

勝手な思い

どこの商店街もそうですが、駐車場の問題や、大型店舗の存在で、昔ほど商店街が賑わうのが難しい時代だと思いますが、キャラクターや、アイドル、または色々な工夫で商店街に賑わいが戻り、地域活性、地域の会話が増えてくると良いな~と思うこの頃です。

色々な方達と話していて思うのが、健全な子供達が育つには、大人の会話を聞かせてあげる環境も大事だと個人的には感じます。今は携帯電話の普及により、子供達が大人の会話を聞く機会がほとんど無い為、敬語、礼儀、話し方、空気の読み方というのが親から子へ伝わりづらい世の中と感じます。逆に、子供がどうなってるのかも、親には分かりずらくなってしまったとも思います。

商店街にはどんどんチャレンジをして、色々障害もあると思いますが、地域活性を目指して、頑張って欲しいと思っております。

そのうち、「この商店街があるから、ここに引っ越してきました~。」なんて言ってくれる親御さんが出てきたら嬉しいですね。まぁ自分も偉そうな事は一切言えませんが・・・自分も頑張ります!!

 

場所

横浜市鶴見区馬場1丁目7−26

アクセス JR横浜線「大口駅」より徒歩20分

<2018年1月22日>

関連記事

  1. プランタン
  2. 小さな柿の実
  3. 蓮法寺
  4. 秋の空に富士山
  5. 菊名おでかけバス
  6. なんだこのぐるぐるぐにゃぐにゃした木は!
  7. ブルーデージー
  8. 花びらの重なった紫陽花

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ランキング

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 今月のパンメニュー
  2. 居場所をなくした こども・若者たち
  3. 今月のパンメニュー
PAGE TOP