マンホールで作業している方

マンホールで作業している方

港北区篠原町でパンの宅配中に、「ん?マンホールで何かしている人達がいる」、興味本位でマンホールの近くに立っていた作業員に「何してるんですか?」と聞いたら、「こっちのマンホールで作業しているから見ていきなよ。」と、とってもフレンドリーな作業員。

大雨が降った時とかに、雨水が溢れてマンホールのふたが開いてしまった映像を見た事ある方は多いと思いますが、マンホールの存在意味を知らない人も多いのではないでしょうか。

マンホールの存在意義は色々あるみたいですが、主に下水道、雨水対策、農業用水、電話線、光ファイバー、ガス等のライフラインがある所にはマンホールがあり、それらのメンテナンスや点検等をマンホール内で行っているようです。

実際、マンホールで作業をしている時は周囲の安全の為、近くにあまり寄れないのですが、今回はちょっとだけですが、作業している姿を撮る事が出来ました。

こういう方達が見えない所で私たちの生活を支えてくれているんですね。

マンホール

場所

横浜市港北区篠原町

 

 

<2017年12月13日>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA